社会人の出会いの機会を最大限に活かす方法

出会う相手には3つだけ求める

社会人になってから出会いを求めるのは実は難しいです。それでも出会いを求めるのなら、相手に求めることを3つくらいに絞った方が良いです。

例えば、「体型は普通で背は同じくらい」「好きな映画が似ている」「好きな食べ物が似ている」などのように3つに絞ることで、相手を見つけやすくしてくれます。

これは非常に重要なことで、それ以外のことは要求しないことが大事です。もちろん、相手の希望もありますから、いくらこちらが好きな人でも関わりを持ってくれるかはわかりません。

そういう時はきっぱり違うんだなと諦めることも大事です。出会いは経験した数だけ経験値が上がっていきます。すぐに諦めるのはよくないですが、3つに絞った点が合格していれば、すぐに仲良くなることを検討して欲しいです。

出会いは何歳になっても楽しめるものです

出会いで大事なのは直感です。直感でこの人はなんとなく変だなと気づいたら、この出会いは違うかもしれないと感じて欲しいです。

なぜ、違和感を大事にするかと言いますと、人と言うのは初対面の人を良い人だと思う傾向があると思うのです。それで、違和感を感じるということは、よっぽど変な人なのでしょう。長く付き合っていくうちに慣れることもありますが、ほとんどの場合慣れることはないでしょう。

直感で良いなと思った人は本当に良い人の場合が多いように感じます。ただ、直感の危険な所は詐欺師を見抜けないところです。社会人になってから出会いを求めていると、もうこれがラストチャンスなのではないかと思ってしまいがちです。

しかし、現実では30・40・50代になっても出会いは楽しめるものです。年齢で出会いが無くなるような人とはそもそも出会わない方が良いのです。

自分よりも相手を優遇する人は出会いが豊富

子供時代にちょっとやんちゃで出会いに恵まれていなかった人が社会人になって出会いを求める場合、実はとても難しいことなのです。

大人になってから出会う人はどこかよそよそしいと感じるものです。礼儀作法を守らないとぼこぼこに叩かれることもあるでしょう。

それで社会人になってから出会いを諦める人もいると思います。でも、それでも出会いを求めたい人はどうすれば良いでしょう。出会いで成功する人は自分よりも相手の感情を優先するように感じます。もちろん、自分の満足度も重要ですが、まず相手の感情に寄り添うことを優先するような気がします。最初にも述べたようにそれが、辛い人もいるとは思います。

しかし、社会人になってから出会いを求めるということは、大人の出会い方というものがあります。「自分よりも相手を」を大切にして欲しいです。