出会いがない!と思ったときにやってみること

出会いは本当に少なくなってきている?

晩婚化、少子高齢化が年々深刻化してきており、そこからだけでも、男女の出会いの場が少なくなってきていることがうかがえます。

ではどうして、(出会いの場が)少なくなってきているのか。その一つとして、将来に不安を抱えている若い世代が急増している、ということが挙げられます。結婚をし、子供を産めば、その分お金が必要になってきますが、それを実現していくことが非常にハードルの高い事のように受け止められているのです。

大げさでもなんでもなく、結婚をすることが自分たちの人生をより厳しいものにすると考える若者が急増しているのです。ここからうかがえるのは、出会いの場が少なくなってきているということよりも、恋愛に対する興味(ワクワク感、ドキドキ感)、もっと言えばメリットが減退しているということです。

恋愛以外に楽しいことが増えてきている

また、出会いや恋愛のチャンスを少なくしてる要因として、”ほかに楽しむべき要素がどんどん増えてきている”ということが挙げられます。

科学技術やテクノロジーは年々進歩しており、楽しい事、面白い事もどんどん増えてきています。そこにはバーチャルで恋愛を楽しめるようなコンテンツも含まれており、疑似的に恋愛を楽しめたりもします。自分に自信の持てない男性(もちろん女性も)は、そういったコンテンツに向かう傾向があり、少子高齢化や晩婚化に拍車をかけています。

さらに、アダルト関連のコンテンツも充実しているのも、要因の一つです。要するに、リアルの恋愛のように、苦労であったり、努力であったり、他にも気遣い、タイミング・・、などなど恋愛や出会いを実現する上での労力を伴わないため、手軽に楽しめてしまうのです。

もっと積極的に恋愛に取り組もう

ここまで挙げてきたように、確かに出会いの場であったり恋愛のチャンスは減退してきています。ただ、多くの場合、各人の心理的な要因に起因する部分が多く、実際に出会いの場が少なくなってきているとは到底思えません。

若い世代には、もっと積極的に恋愛に取り組んでもらいたいですし、もっと羽目を外して、若者らしくガンガン楽しむべきです。恋愛に対して臆病になっている人、はたまた恋愛が自分たちの人生をより厳しいものにすると考えている人、とにかく恋愛をし、純粋に男女の営みを楽しもうではありませんか。

そうすることで、人間的な成長も見込めますし、自分の人生をより豊かなものにしてくれるはずです。のみならず、日本という国がますます反映していくことにもつながるのです。