過保護のカホコ-みんなの感想

過保護のカホコの基本情報

【放送日】2017年7月12日~9月13日(毎週水曜日22時~23時)
【キャスト】高畑充希/竹内涼真/黒木瞳/時任三郎/中島ひろ子/佐藤二朗/西尾まり/夙川アトム/久保田紗友/梅沢昌代/濱田マリ/平泉成/三田佳子/西岡德馬/飯田基祐/松嶋亮太/横山歩/柳谷ユカ/高橋ひとみ
【公式サイト】http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko/

過保護のカホコを見た人の感想

ネタバレなしの感想

竹内涼真さんがカッコよすぎてヤバいドラマです。カホコちゃんに基本的には厳しめの態度をとりますが、時折見せる優しい涼真さんの表情に心がキュンキュンしちゃいました。
両親に過保護に育てられたカホコちゃんを演じるのは、女優の高畑充希さんです。
端から見るとあり得ないような過保護ぶりを見せつけてくるカホコちゃんの親ですが、高畑充希さんのあまりにも愛嬌のある演技のおかげで、ストーリーが破綻しないでなおかつ説得力がある素晴らしいドラマでした。
最近悩みがちでしたがこのドラマを見て、カホコちゃんのように不器用ながらも正直に、また竹内涼真さんのようなイケメンの顔になって人生を歩んで行こうと思いました。(20代男性)
主演の二人で押していくドラマと見せかけて、実はしっかり作られた作品でした。さすが脚本・遊川和彦といった作品です。ともすれば主人公のカホコの性格的にはかなりのギャグドラマになってしまいそうなネタなのに、妙にリアルな痛々しさがそれぞれの登場人物にあって、特にカホコの父と母にはこういった二人だからこそカホコという人格が出来上がったんだなと納得させられるキャラクターになっています。
また周囲を取り巻くその他のキャラクターもしっかりと設定されていてスムーズに話に入っていけます。もちろんデフォルメされていたり極端だったりはするのですが、どこかリアルな、こんな人いそうと感じさせるところがすごいなと思いました。(40代男性)
カホコのまっすぐさと必死さに、心打たれました。けれど、カホコがちょっとお人好しすぎて、観れないことも。不器用なのはわかるけど、「そこまでする?」が何度もあった作品です。ただ、だからこその、地道にできることからやることを体現していた気がします。
黒木瞳さん演じる泉を含む、根本家3姉妹のシーンは安心してみていました。3人
女性集まればこうなるなあと、心なごみ楽しく観ました。
私はどうも、カホコのしゃべり方が気になってしまいました。ちょっと苦手なタイプです。何かねちっこいような。「すっっばらしい」のセリフも気になりましたが、最初の方で初の絵をみて言ったこのセリフは、グッときました。(30代女性)

一部ネタバレありの感想

黒木瞳さんの過保護な母親っぷりがとてもハマっていました。見始めた時は、高畑さんの演技がとてもコミカルなので明るくて軽い感じの話かと思って見ていましたが、母親の過保護っぷりが虐待なんじゃないかなと思うレベルでした。何もできないカホコと、親と別れて自分でなんでも決めて生きている麦野君のやり取りは見ていてもどかしくなりました。すれ違いだらけの二人でも、お互いの良さに段々と気が付いて惹かれていくストーリーの描かれ方が自然でとても楽しかったです。ただただ好きという感じではなく、お互いの足りないところをうまく補いあう関係性が描かれていて素敵でした。
カホコと麦野君が出会ったことでカホコの両親も影響を受けて、カホコの家族と親族が変わっていく所が面白いなと感じました。問題を沢山抱えていて綺麗な家族とは言えないですが、家族の愛とはなんなのか考えさせられる面白いドラマでした。(20代女性)
カホコの両親からや祖父母からの過保護っぷりには毎回笑かされていましたが、家族や親族の絆をすっばらしいんだよ、と力説するカホコが可愛かったです。そして、毎回問題ごとで悩んでいるカホコをサポートしてくれる優しさを持つはじめ君にキュンキュンしながら見ていました。
特別編が放送された時はカホコ夫婦や周囲の危機が一気に訪れましたが、まさか両親がカホコハウスのお手伝いをしたり、いとちゃん家族のことがうまくまとまったりと、無理やり感はありましたが、皆が幸せに暮らせる環境が整って良かったと思います。カホコ夫婦が双子を授かり、最終的にカホコの両親とカホコの祖父の家で一緒に暮らすことになりましたが、はじめ君とカホコのお母さんは教育方針等で今後もまたもめそうな気がします。さらに続編が放送されたら見たいです。(20代女性)
ドラマ全体のイメージとしては家族愛のドラマだったように思います。しかし、主人公のカホコがいなければ、この家族や親せきの繋がりはかなり薄くなってしまったかもしれません。
カホコは母親にかなり過保護に育てられましたが、その分愛情たっぷりだったおかげで、家族や身内を大切にする心が育てられたのだと思います。
母方のお祖母ちゃんが亡くなってからは、お祖父ちゃんが一人暮らしになるということで一緒に住み始めました。ですが、母方だけではなく、父方の祖父の方もいろいろと助けていました。
それを快く思っていない身内の人もいましたが、カホコのおかげで夫婦仲や親子仲などの関係が良くなっていきました。観ていて心が温かくなるようなドラマだったと思います。(50代女性)
過保護のカホコを10歳の娘と一緒に見ました。はじめはカホコの考えや行動はとても理解できずに少しイライラしてしまいました。母親に過保護に育てられたカホコですがとてもやさしく真面目で、穏やかな性格です。過保護に育てるとそのようなメリットもあるのかなとも思いました。親戚や友達の問題に首を突っ込んで解決しようとするカホコを必死で守ろうとする母親にとても理解できませんでしたが、カホコは悪い気持ちは全くなくまっすぐなので応援したくなってしまいました。うちは過保護ではありませんが、カホコのような優しさやまっすぐに行動できるこどもに育って欲しいです。でもほどほどが大事だと思います。(30代女性)
実際、今の時代にはカホコのような子どもってたくさんいると思います。
親から無駄に可愛がられ過ぎて過保護に育てられて親がいないと何にもできない。
でもカホコのすごい所は、心がすごく綺麗で頑張り屋さんだというところです。
それがなければただのバカにしか見えないし、あの年でママ、パパとか呼んでるのも恥ずかしいですから。
カホコの過保護っぷりに呆れる初君の気持ちの方がよく分かると思いました。
でも、カホコの心の全く汚れのない姿は色々あってねじ曲がり気味な初君の心にも響いたんだと思いました。
またあのカホコのお母さんが、娘を過保護に育てるのが楽しいみたいなのが毒親だなと思えてなりませんでした。(30代女性)
とても好きなドラマでした。まっすぐで素直で家族思いなカホコに癒されました。
おばあちゃんが病気になったときに、おばあちゃんのために結婚して孫の顔を見せたいと思ったり、家族や親戚の仲が上手くいってなかったりするとどうにか仲直りさせようと一生懸命頑張ったり、そんな心優しいシーンが印象に残っています。
カホコは誰にでも優しくてその場が明るくなるし、実はみんなをまとめることもできるところを見てると、私もこんな人になりたいなと思えました。保母さんもカホコにとてもぴったりです。
カホコは高畑充希さんだからこそ良かったんだと本当に思いました。笑えるしなんだかほっこりする、すごく良いドラマでした。(20代女性)
高畑充希ちゃんがかわいいから見てみようと思いました。実際に見てみると、とてもかわいくて、演技のうまさがとてもよくわかりました。着ている洋服もカホコのイメージに合っていて(実際のコーディネートはママと一緒に選んでいるわけですが)あんなかわいい洋服が着たいな、もっと若かったら着るのにな、と思いました。カホコの家のインテリアもすごく素敵で、リビングのシーンは食い入るように見ていました。オシャレなカフェみたいな家で、でも実際にここで暮らしたら掃除が大変そうだな、でもあのままだったらきれいなままをキープできるのかな、すごいな、私はあんなママには絶対になれないな、そんな風に思いながら毎回見ていました。(30代女性)
最初にタイトルを聞いた時には、過保護に育てられた娘が、社会に出て行って色々苦悩しながらも成長していくドラマだと思っていました。しかし、ドラマが始まってみて思ったのは、過保護に育てられた娘側の話だけではなく、娘を過保護に育ててきた両親の問題、そしてその親の存在と、家族の繋がりから、主人公のカホコがどうしてこうなったのかという背景もきちんと描かれていてとても面白い作品でした。
全体的にコメディーチックに描かれているものの、家族に対するカホコの愛情が周囲を明るくしていっていうく様や、カホコに振り回されながらも自身の心の闇をさらけ出していく初とのやりとりも見どころです。主人公のカホコ役の高畑充希さんが役どころにとてもはまっていて、楽しく見れる作品になっています。(30代女性)
今までに観たことのないタイプのドラマで面白かったです。共依存している母娘という図は世間にも良くありますが、カホコが初くんとの出会いでどんどん逞しくなっていき、遅めの反発や自立が促されていくところが好きでした。また泉の実家を中心としながらも栗村家、富田家、パパの実家の根元家と多かれ少なかれ存在する家族間の問題や家庭不全要素が浮上したり、それをカホコの力で解決したりとジェットコースターのようにストーリーが展開したのでテンポが良くて好きでした。カホコ、こんなの初めてという決めゼリフもカホコならではの無垢や良心があってこそなので違和感がなく受け入れられて、叱咤激励しながら側にいてくれる初くんが素敵だなと思いました。(20代女性)

 

コメント