正義のセ-みんなの感想

正義のセの基本情報

【放送日】:2018年4月11日~6月13日(毎週水曜日22時~23時)
【キャスト】吉高由里子/安田顕/三浦翔平/広瀬アリス/平埜生成/塚地武雅/宮崎美子/寺脇康文/生瀬勝久
【公式サイト】https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/

正義のセを見た人の感想

ネタバレなしの感想

吉高由里子にぴったりの元気な役だったと思います。新米検事として奮闘しながらも、感情まかせて動いてしまう彼女に涙することもありました。容疑者の悪を暴くのはもちろんですが、真実を突き止めるのはこんなにも難しいことなんだと知りました。もし自身で出した起訴が謝りであれば、冤罪を生んでしまうこともこのドラマで知りました。まだ若いのに、かなりの責任が必要な仕事だと思います。話を通して事件の解決があったり、被害者が少しでも前向きな気持ちになったりすると、嬉しい気持ちになりました。朝晩休み問わず仕事が入り、婚約者とは破談になってしまいましたが、案外けろっとしていたのには驚きました。1話完結スタイルなので見やすかったです。(30代女性)

一部ネタバレありの感想

毎回、新人検事として頑張る竹村さんが一生懸命で応援したくなりました。
まあ検事って実はすごい激務らしいので事務官の相原さんも大変なんだろうなと思いました。
でもあんなに竹村検事の仕事に対してため息ついてた相原さんがどんどん竹村検事の仕事を協力的に手伝うようになるのには嬉しくなりました。
他の検事さんたちもみんな、忙しいからと毎日の仕事をさっさと済ませてしまいたいとはいいつつも気になる所があったら思い切り事件について調べたい、正義を貫きたい気持ちはあるのだなと思えました。
仕事頑張ってた分、恋愛がおざなりになって彼氏から振られちゃうのは可哀想でした。
お互いに嫌いになってないしまだ付き合っていけそうなのにな、と残念でした。(30代女性)
凜々子は、自分で納得できるまで捜査をしないと気が済まない人です。相原が回を追うごとに、凜々子の捜査方法に理解を示すようになる姿が好きでした。特に相原が凜々子に対して小言を言う場面がお気に入りでした。2人のやり取りがおもしろかったです。また、他の検事たちも凜々子を助けてくれるようになり、和気あいあいとした雰囲気が良かったです。
最終回で、凜々子が衆議院議員と対立して、最後は凜々子の捜査で真相が発覚する場面では、成長が見られて良かったです。凜々子は、犯罪者や被害者に思いを入れ込みすぎてしまい、泣きながら主張する場面が多いです。そこが、人間らしくて共感できました。続編があったら絶対見ます。(30代女性)

 

コメント