砂の塔〜知りすぎた隣人-みんなの感想

砂の塔〜知りすぎた隣人の基本情報

【放送日】2016年10月14日~12月16日(毎週金曜日22時~22時54分)
【キャスト】菅野美穂/岩田剛典/松嶋菜々子

砂の塔〜知りすぎた隣人を見た人の感想

ネタバレなしの感想

三代目JSBの岩ちゃん目当てで見始めたのですが、タワーマンションを題材とした内容はとても面白かったですし、ああ、こういう世界ってありそうだな・・・と思いました。
タワマンの世界と、ママ友の世界、リンク具合が上手く融合されていた感じがします。学校だろうと、会社だろうと、ママ友だろうと、階級ってどうしても存在する。そして、それに逆らおうとすると、一匹狼でいようとすると、必ず酷い目に遭う、報復されちゃう・・・という。汗。
人間の妬みとか嫉みって、どのレベルでも絶対に存在するだよなぁ・・・と思いつつ見てました。これって、女性特有のようで、実は男性も結構凄いんですよね。
このドラマの核はナゾだらけの松嶋菜々子さんでしたね。彼女の存在は本当にドキドキさせられました。
人間の嫌らしさがこれでもか!と出ていたドラマでした。個人的には見ててシンドイながらも、かなり好きでした。(40代女性)

一部ネタバレありの感想

最後の最後まで犯人がわからず、ハラハラしながら観たのを覚えています。
ちょうどおなじくらいの子供がいたので、子どもを悲しませた親が罰せられるのは最初は良かったのですが、どんどんエスカレートしていくうえに、犯人が誰なのかわからず、怪しい人が何人も出て来て、観ていてドキっとする場面が何度もありました。
最後の最後で犯人がわかり、まさか、この人が?!という思いでした。
いつも笑顔で子供のまわりにいたのに、なんで?という感じです。
でも、幼少気の育てられ方や思いがずっと残っていて、それを大人になっても続けていたということがわかり、とても苦しかっただろうなと思い悲しくなりました。(30代女性)
タワーマンション低層階に引っ越してきた家族の主婦が、毎週毎週上層階の住人に毎週毎週これでもかっていうくらいいじめられます。タワーマンション上層階に住む人たちの優越感をドラマ用に誇張して書いているっていうのは前提として分かってはいるけれど、逆にタワーマンションに住む人たちに対して偏見が生まれないかな?(笑)っていうくらいのいじめっぷりでした。毎回けなげに嫌がらせに我慢する亜紀に、もうそんな集まりに行かなきゃいいのに。。ともどかしく毎週思って見ていました。
幼児誘拐事件とミステリアスな隣人の弓子がどういう展開で謎が解けてくのかなとワクワクしながら見れました。弓子の元旦那が亜紀の元旦那という展開にはびっくり仰天で、さらには亜紀の長男が実は弓子の実子という展開も衝撃的でした!実施を取り返すためにポーカーフェイスで元旦那の家の隣人になるなんてすごい話・・・。準備も大変。。(笑)
弓子の生い立ちや目的の話は面白かったのですが、幼児誘拐の事件に関しては少し雑な展開だなと感じました。むしろいらなかったかも。(30代女性)
この話はママ友付き合いに不安だらけな母親の私にとってすごく興味をそそる話でした。
自分には分不相応なタワーマンションに越してきて、自分が周りと上手くやらないと子供にも悪影響だとかそういうのが背筋が凍る感じですね。
あれほどはっきりしたボスママみたいな人がいると本当に怖いです。
それにせっかく優しい知り合いができたと喜んでたのに弓子さんは実は自分の夫の昔の奥さんだし。
弓子さんが育てている和樹のお母さんだったと判明した時にはすごくびっくりしました。
何が目的なんだろうとずっと思っていつもドキドキしながら観ていたドラマでした。
亜紀さんの幼馴染でコーチの生方さんが出てきた時はめちゃくちゃカッコよくてこんなにステキな人が亜紀さん好きならそちらに流されちゃった方が幸せなんじゃないの?と心から応援しちゃってました。
まさか、あの人が。
そういう読めない展開でハラハラしたけど家族についても何かと考えさせられるドラマでもありました。(30代女性)

 

コメント