99.9 -刑事専門弁護士(シーズン1)/ネタバレ感想と動画案内

99.9 -刑事専門弁護士(シーズン1)の基本情報

【放送日】2016年4月17日~6月19日(毎週日曜日21時~21時54分)
【キャスト】松本潤/榮倉奈々/香川照之/片桐仁/マギー/馬場徹/池田貴史/岸井ゆきの/映美くらら/岸部一徳/渡辺真起子/藤本隆宏/青木崇高/奥田瑛二

99.9 -刑事専門弁護士(シーズン1)を見た人の感想

ネタバレなしの感想

松本潤演じる型破りな弁護士深山のキャラがとっても面白いです。実際にこういう人いたらとってもめんどくさそうで絶対に自分からは近づきたくないキャラです。しかし、ドラマで見ていると着眼点がとっても勉強になり、ついついドラマに引き込まれてしまいます。
また脇を固める弁護士として香川照之さん演じる佐田さんがまたいい味を出しています。この二人の掛け合いであるくだらないダジャレは本当にくだらないのにどこかクスっとしてしまいます。真面目な話が続く中でのこのダジャレ、また深山のキャラの濃さ、時折見せる料理へのこだわりはちょとした息抜きと言っていい部分だと思います。
その他の脇役もとてもキャラが濃い役ばかりで見ていてどのキャラからも目が離せません。(30代女性)
松本潤さん演じる深山弁護士のダジャレに毎週大笑いさせてもらいました。
ダジャレ自体は面白くなくてもその後の深山弁護士のうれしそうな笑いと
何故か一人だけ大うけしている香川照之さん演じる佐田弁護士の様子がおかしくて、おかしくて…
この2人の関係は、上司と部下なんてお構いなしでほんと面白かったです。
そこへ、片桐仁さん演じる明石の「明石入りまーす!」もありバタバタしているうちに
事件解決の糸口が見えてきて…
榮倉奈々さん演じる立花弁護士も、最初はぶつかるもののだんだんと深山にはまっていきましたよね。
そして、岸部一徳さんが演じる班目所長も一癖も二癖もあり、くせ者だらけで本当に面白かったです。シーズン2もすべて見ました。続編期待してます!(50代男性)

一部ネタバレありの感想

松本潤のニヤニヤした深山という若手弁護士がすごく好きでした。
実は深山には冤罪のまま死んでいった父親がいたりとかも話を面白くしてましたね。
そして、佐田先生はすごく色々な意味で癖が強くて、でも自分の家族には弱いのが毎回笑えました。
深山の昔からの親友?の明石さんもいい味出してて、いいサポート役だなと思います。
みんなが良いチームワークで普通なら確実に有罪になる事件を無罪になるように頑張る姿がいつ見ても応援したくなるドラマでした。
どんな事件でもあちこち笑えるシーンが散りばめられてるからついついぷぷっと笑ってしまうし、深山先生の笑うべきなのかわからない親父ギャグはなかなかツボでした。(30代女性)
松本潤さんと香川照之さんの仁義なき戦いがとても面白く、毎回楽しみで、いつもニヤニヤして見てしまいます。榮倉奈々さんのプロレス好きな設定と、お店にプロレスの選手がきてくれるところ、遊び心が満載だなと思います。岸井ゆきのさんの存在が良いスパイスになっていて、店長がアフロでインパクトが強くて、どのシーンも見どころ満載で、目が離せないのがこのドラマの魅力かなと思います。松本潤さんの、寒いダジャレに点数をつけるのを毎週楽しんでやっていました。小ネタがとてつもなく散りばめられているので、後ろの壁や新聞などを注意深く見ていると、新たな発見があったりして、ドラマの内容と合わせて二倍楽しむことができました。(20代女性)
始まりから終わりまでのテンポが非常にいいのがこのドラマの特徴だと思います。主人公の勤める弁護士事務所のメンバーも個性的なメンバーが多く、時間に対して解決できるように全員が同じ方向を向いていますが、解決方法の提案が突拍子もなかったり、ダジャレを言っている人がいたりとドラマのテーマは真面目なものですが、こういったメンバー達の会話で笑いながら見てるドラマになっています。特に個性があるのが、香川照之さんが演じている弁護士の役で、実績や経験も豊富で真面目な役に思いますが、テンパってしまった時や、予想外の提案をされた時の反応などは見ていてとても面白いです。松本潤さん演じる主人公に振り回されている様子は何も無くても笑ってしまうおすすめの場面です。(20代女性)

 

コメント