東京タラレバ娘/ネタバレ感想と動画案内

東京タラレバ娘の基本情報

【放送日】:2017年1月18日~3月22日(毎週水曜日22時~23時)
【キャスト】吉高由里子/榮倉奈々/大島優子/坂口健太郎/鈴木亮平/平岡祐太/石川恋/金田明夫/田中圭/加藤諒/あ〜ちゃん(Perfume)

東京タラレバ娘を見た人の感想

ネタバレなしの感想

このドラマはリアルな30代女性の気持ちを表現していると思いました。でもストーリーはあまりリアルではないです。そもそも3人の女子が繰り広げる恋愛ドラマですが、一人ひとりが余りにも非現実的な場面に遭遇します。主人公に至っては、数か月で数人の男性と恋愛をしていきますが、そもそもそんな都合のいい話はありません。ですが、女子会の名目で開かれる集まりで話している心境はまさに20代を終え、30代に突入した年齢の女子が考えていそうなリアルな内容です。思わずうんうんっと頷いてしまいます。ドラマのストーリーとは関係ないですが、個人的に主人公の倫子の服装が20代とは違った30代のおしゃれな服装でとても参考になりました。(30代女性)
漫画が好きで楽しみにしていた作品です。最初はタラレバ娘三人も、キー君役の坂口健太郎さんも漫画のキャラクターににあってないよーと思いましたが、見始めたら楽しく見ました。特に漫画のそっくりのタラとレバーの妖精?が出てくるのがおもしろかったです。漫画の方よりドラマのほうが見やすく感じました。軽い気持ちで見られました。多分女優さんと俳優さんがきれいなので見やすかったんだと思います。個人的には吉高由里子さんと坂口健太郎の役もよかったけど、榮倉ななさんとバンドマンを演じた平岡祐太さんがよかったです。実際いなそうな二人だけど、漫画のキャラクター、漫画の中の話って感じでおもしろかったです。(20代女性)

一部ネタバレありの感想

「もしあの時こうしてたら」「私がもっと可愛ければ」…。たらればをつまみに語り合う、アラサー女子?3人組のキャラクターのリアルさは、多くの女性の共感を得られると思います。もっといい人がいるかもしれないシンドロームが広まる現代においての、恋愛と結婚について、ポップなドラマを通じて考えさせられる作品だと思います。作中に登場する小さなキャラクターも非常に可愛らしく、しかし時にはきついことも言ってくるのがまたいいのです。多くの女性はきっと自分の中で自問自答して、それで出た結果に自信が持てず、また自問自答を繰り返す、なんて経験あるのではないでしょうか?ドラマなのにリアルと重なる、精密に組み込まれたストーリーとキャラ設定の中に、自分の答えも見つけられるかもしれませんね。(10代女性)
東京に暮らす結婚適齢期の女性3人が 『~だっタラ、~できレバ』などと居酒屋で盛り上がっては自身の行動を顧みず同じ失敗を繰り返しつつも前に進もうとするような話ですが、全体を通して話の内容は薄いです。
漫画の方も読みましたが、こちらはギャグ要素が強く、漫画ならではの勢いや描写がある分笑える中に、リアルな描写やセリフがあり楽しめたのですが、ドラマの方は女優陣の演技力が微妙だからか?脚本がいまいちなのか?笑いもリアリティもスピード感も 微妙で何ともいえない仕上がりとなっていました。
救いとしては坂口健太郎がかっこよく目の保養になったこと、perfumeの音楽が東京感を演出していたことくらいでしょうか。(30代女性)
ああしていたら、こうしていたらという「タラレバ」ってすごく分かります。特に主人公の倫子と私が年齢も近いこともあり共感してしまいました。私も結婚が遅かったので結婚前は良く似た「タラレバ」を口にしていた気がします。こういうドラマに人気が出ると、結婚できない女は終わり、と世間には思われているのかなとちょっと悲しい気持ちにもなります。倫子のようないい年になっても学習できない女性ってちょっと恥ずかしいかなーと思います。勢いに流されて一夜を共にしたり、急に面識のない人を好きになったり、こういうのって20代のうちにする恋愛のような気がします。ヒロインを取り巻く女友達は、倫子とは違ったタイプで結婚せずに自分らしく生きているあたりは素敵です。
(30代女性)

東京タラレバ娘の感想を送ろう!

このドラマの感想を編集部まで送って下さい!

2017年のドラマ
trend5をフォローする
新ドラマまとめ

コメント