BG~身辺警護人~-みんなの感想

BG~身辺警護人~の基本情報

【放送日】:2018年1月12日~3月16日(毎週金曜日22時~22時54分)
【キャスト】木村拓哉/江口洋介/斎藤工/菜々緒/間宮祥太朗/阿部進之介/田中奏生/石田ゆり子/上川隆也/満島真之介

BG~身辺警護人~を見た人の感想

ネタバレなしの感想

特に主演の木村拓哉に思い入れは無く、主演のドラマはいくつか見てる程度でした。
そんな私ですが、なんとなく初回を見たら物語に強く引き込ませるキムタクの存在感にびっくり!
世間では「なんの役をしてもキムタク」と言われていますが、そんな事どうでもよくなる位のキムタクの魅力を再認識。
「ボディーガード」という馴染みが無く地味に思える職業がテーマですが、民間警備会社の主役達と警視庁のSPの対立や、それぞれが仕事に懸ける熱い気持ち、個性的なメンバーのチームワークの良さなど、1時間があっという間に終わります。
菜々緒と間宮祥太朗は惚れ惚れする美しさだし、上川隆也と江口洋介は大人の男性の魅力満載。斎藤工の堅物キャラとキムタクの掛け合いも毎回の楽しみでした。
続編を是非見たいドラマです。(30代女性)
久々に木村拓哉さん主演のドラマでも見てみようかと思いチャンネルを合わせました。役柄通り冴えないオヤジを演じる木村さんが、申し訳ないのですけど哀れに思えました。人気凋落の木村さんが態々あの役をやらんでも良かったのではないかが正直な感想です。例によって脇を人気者で埋めてはいましたが、HIROの頃の輝きが無くなった木村さんではその中に埋もれていました。
特に円熟感のある上川隆也さんと山口智子さんとの絡み部分では、それが際立っており残念でした。勿論、木村さんの魅力が無い訳ではなく、演じるのも魅力あるキャラクターなのですから、表現方法を誤ったのかも知れません。もう少し実際に枯れてしまってから演じれば良かったのにと残念に思います。(60代男性)
普段はドラマなんて興味を持たないのですが、「久々にイイよ!」と友人に勧められて見ました。
キムタクだから面白い脚本が付いてくるのか、それとも脚本をより面白く演じられるのはキムタクだからなのか。
とにかく、ストーリーも純粋に楽しめる質の高さを感じさせました。
元の奥さんとして山口智子さんが出てきたのはご愛嬌。
キャスティングはなかなかで、江口洋介さんと上川隆也さんが際立っていましたね。
個人的には斉藤工さんが大好きなのですが、今回は彼でなくてもよかったような。
朴訥なしゃべり方をする親子の会話に痺れました。
笑いあり、涙ありの思ったよりも人間臭いドラマだったのが意外です。
再放送があったら、ぜったいに見ます!(40代女性)

一部ネタバレありの感想

今までボディーガードという仕事に対して、勘違いをしている部分も多かったという事に気づかされました。
誰かを守るという事は、守る方も、そして、守られる方も、努力が必要なんだと思いました。
主人公の島崎は、過去にクライアントよりも、子供の安全を優先しました。
本来なら、人として当たり前なんですが、島崎はその事を悔いながら生きてきました。
彼の、ずっと心に引っ掛かっていた部分が楽になったのは、とても良かったと思いました。
そして、厚生労働大臣である立原愛子との関係が、とても気になりました。守る方と、守られる方の間には、確かに何かしらの感情が芽生えたと思いました。出来れば、続編があったらみたいです。(40代女性)
ボディガード姿の木村拓哉、斎藤工がかっこよかったです。石田ゆり子の政治家があまり政治家らしくなかったのが残念でしたが、それ以外は楽しく見ることが出来ました。
木村拓哉の父親と息子の関係性も上手に描かれていて、反抗する息子に言い返せない父親の姿はこのドラマの中でちょっと力を抜ける時間になっていたような気がします。ロンバケ世代としては、山口智子と走っている姿はなんとも言えない嬉しい気持ちになりました。
ひたすら影の存在として警備をするボディガードが本当にかっこよいものだと思えるドラマでした。彼らは人を警護するために毎日体を鍛えて、どんなことにも対応する適応力も鍛えていることが分かりました。(40代女性)
キャストの豪華さがすごいです。
江口洋介、上川隆也、斎藤工、菜々緒、山口智子、石田ゆり子といった面々が脇を固めます。
江口扮する警視庁のSPと対峙する、日ノ出警備保障の島崎(木村拓哉)としての苦悩が描かれています。政治の世界に身を置く厚生労働大臣立原(石田ゆり子)を警備対象として、エンディングまでのストーリーにはハラハラとさせるものがあります。(60代男性)

コメント