アンナチュラル/ネタバレ感想と動画案内

アンナチュラルの基本情報

【放送日】:2018年1月12日~3月16日(毎週金曜日22時~22時54分)
【キャスト】石原さとみ/井浦新/窪田正孝/市川実日子/薬師丸ひろ子/松重豊

アンナチュラルを見た人の感想

ネタバレなしの感想

このドラマは、基本一話完結の形を取っていて、スピード感あふれる展開で視聴者を魅了するのが特徴だと思います。人物設定もはっきりしていて、被るキャラクターもいないので、あまりドラマを見ない人でも、集中してストーリーに入っていくことができると思います。脇役の役者さんやゲストの方も、みなさん演技派で、見ていてとても安心できるし、内容がスッと頭に入ってきます。私はこのドラマを見るまで、あまり石原さとみさんが好きではなかったのですが、この役は、法医学者として真実を追い求めていく真の強さを上手く演じていて、良い意味で女優さんらしくなく、見ていて好感が持てました。窪田正孝さんの演技も自然体で、いろいろなことに悩みながら、仕事を通して成長していく青年を見事に演じていたと思います。(30代女性)
遺体を解剖して、隠れた真実をみつけ出す架空の組織「UDIラボ」。
調べてみたら、自殺とされた人が他殺だったり、加害者と思った人が、善意の救出者だったり……。
肺に残っていた水の水質から、発見した場所と死亡した場所が違うと見抜いたり。
プロの執念と知識、技術に何度も唸りました。
そして彼らのおかげで、救われた人も何人もいます。
ヤクザ者の勘当した息子が、火事現場で必死に救命活動をしていたと知った両親。
婚約者が自殺でなく、他殺だと知った青年。
親友の死の原因を、明らかにしたかった少年……。
ゲストの人生と共に、スタッフ達にもそれぞれの事情や、執念があります。
一人一人が魅力的で、惹き付けられるシリーズでした。(30代女性)
毎回毎回感動したドラマです。もともとは石原さとみさんと窪田くんが出るのが楽しみで見始めたドラマですが、1話目から早くてスタイリッシュなストーリー展開と演出、キャラクターの影の部分が見える役者の皆さんの演技に引き込まれました。私が特に感動したのは我が家の坪倉さんがゲスト出演した回、幸せのハチミツロールケーキの回です。ブラック企業に勤めながら家族のために頑張っていた坪倉さん演じる役を救おうと証拠を集めるシーンに感動しました。全体的には死を扱ってるドラマだけあって怖いシーン、苦手だなと思うシーンも多かったのですが毎回感動していたので見てよかったなと思っています。(20代女性)

一部ネタバレありの感想

世間にはあまり知られていない法医学者のドラマです。多少専門用語は出てくるものの、死体を扱う不気味さや暗さは感じられずとても見やすい内容のドラマだった。今流行りのリケジョはこんな感じなのだと思う。最初、ミコトと中堂が恋愛関係になるのではないかと疑っていたが、全く恋愛の要素はなくがっかりした。UDIのメンバーがそれぞれいろんな悩みとぶつかりながら成長していく姿が描かれている。中堂がもっている過去が重たいなと感じたが、最後には見ている側の心も救われるような内容になっており、最終回は爽快感が味わえる。個人的には正式にUDIのメンバーになった六郎の成長も見てみたいので、続編もあったらいいなと思う。(30代女性)
一家の心中事件で自分だけ生き残った三隅ミコト。
そんな辛い過去があるのに、思い起こさせるような事件と向き合わなくてはならない可能性も高い仕事についてるのが不思議でした。
でも、真実を知りたいと言う気持ちが心の何処かにあるからこそかもしれないと思いました。
六郎くんは、軽い気持ちでスパイやってたのに働いてて仲良くなっていったら最後になって後ろめたくなってしまうのが人間的だなと憎めないキャラです。
また中堂さんも死んだ恋人の事がいつまでも忘れられずに引きずってるとか、それでちょっとやばいくらいへんな考え方になってたりして可哀想になりました。
トラウマって簡単に言うけど、すごくその人の生き方に影響を与えるよなと思わせてくれたドラマでした。(30代女性)

コメント