よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 〜この女に賭けろ〜/ネタバレ感想と動画案内

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 〜この女に賭けろ〜の基本情報

【放送日】:2019年1月21日~(毎週月曜日22時~22時54分)
【キャスト】真木よう子/丸山隆平/塚本高史/三宅弘城/西野七瀬/片桐はいり/林泰文/森永悠希/矢島健一/木下ほうか/寺脇康文/柳葉敏郎/古谷一行

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 〜この女に賭けろ〜を見た人の感想

第1話のネタバレ感想

銀行のドラマということと内容的にも、池井戸作品の「花咲舞が黙ってない」や「半沢直樹」を思い起こすような内容でした。真木よう子さんの原島浩美役は意外性もありましたが、自然体の演技で良かったと個人的には思いました。男社会の銀行の営業マンの中で孤軍奮闘する主人公の真木よう子さんの今後の活躍に期待した作品です。今後どのような展開になるのかは分からないですが、かなり楽しみです。
それと個人的には関ジャニ∞の丸山くんがとてもいい演技をしていてさらに好きになりました。(40代女性)

第2話のネタバレ感想

パープルローズというクラブで発砲事件があった事で暴力団絡みの抗争と黒い噂がたった稲岡興産から10億円を回収する様に命じられた浩美がいきなり押し掛け「こちらは暴力団でしょうか?」と稲岡社長に唐突に聞いた場面は見ていて可笑しくなり笑ってしまいました。そんな浩美のいる台東支店を潰したいと副頭取の島津が融資部の検査官の後藤を台東支店に内部検査に送り込み邪魔しようとしたストーリー展開も、善と悪がハッキリとしていて見ていて分かりやすいなと感じました。稲岡社長の鬼怒川温泉でテーマパーク事業をしたいという亡くなった妻との約束も共感出来ましたし、それをどう叶えるか本部審査会議で東西鉄道を事業の引き受け先に提案し認めさせる内容も、島津の目論見を上手くかわし頭取の鳩山の援護もあり浩美に軍配が上がった内容も共に最後まで面白く見られました。原島浩美が営業課長として抜擢されたのは台東支店潰しに本部から送られた島津の企みでしたが、それをはね除ける様な浩美の活躍が今回も見られ、次回も非常に楽しみになった2話だったと感じました。

第3話のネタバレ感想

日本STというベンチャー企業が黒田法眼というカリスマ投資家に上手く口車にのり、乗っ取られそうになるのを原島浩美がその担当していた丹波と共に食い止めようと融資に必要な5000万円を工面する内容でしたが、こんな敵対的買収をする黒田にも銀行を信用しない過去があり、その人物こそ浩美を目の敵にしている副頭取の島津だったと分かった時は見ていて、また島津が浩美を邪魔する展開だなと思い、浩美に頑張って今回の難題をクリアして欲しいと感じました。何とか丹波の機転で丹波自らがお金を出し、解決しましたが、浩美にはこれからも島津が何かと嫌がらせも含め台東支店潰し、並びに原島浩美潰しに色々と企んできそうだなと想像しています。加東等、浩美に味方になってくれる行員も出て来たので、みんなで島津に立ち向かってほしいと感じた3話でした。
今回のテーマはベンチャー企業についてでしたが一番印象に残ったのは融資担当の丹波です。最後の最後で大どんでん返しを巻き起こしハラハラさせられました。定年も間近だというのに虎の子の大金をベンチャー企業社長、山根に融資するのですが、なかなかできる事ではないと思います。丹波の奥様も肝が据わっていて夫婦揃っての気持ちのいい決断にほろっと来ました。原島浩美や他の行員たちも何とか山根を助けようと一生懸命、奔走する姿が強く心に響いてきます。原島の銀行という組織よりも顧客の願いに寄り添う事を最優先する心意気が素晴らしいです。同時にこういう人の存在が安心感を抱かせます。最後にベンチャー企業の山根はもう少し経営について学んで欲しいと思います。「融通手形」も知らない経営者なんて甘すぎると思いました。

第4話のネタバレ感想

原島浩美は仕事はバリバリに出来るのに、毎回ちょっと天然なところがあって可愛らしいです。今回は、自分は部下を成長させる立場の管理職であることを忘れていたという天然ぶりでした。
でも、ちょっと頼りない成績最下位の吉田君を見守る姿は、優しくて懐の深い頼れる上司そのものでした。吉田君の良い所をキチンと見つけ、それを伸ばそうとする原島浩美に、誠実に答える吉田君も良かったです。それにしても吉田君のお母さん役が、椿鬼奴さんというのは意外でした。
上司や取引先にも言うべきことはきちんと言う原島浩美は、今回もカッコ良かったです。「恐れながら申し上げます」の決めゼリフは爽快です。そんな原島浩美に、真木よう子さんがぴったりハマっていると思います。(50代女性)
今回も原島が副頭取の思惑をはねのけてくれて、気分爽快でした。吉田のように、誰でも自分に自信はないものです。人員削減と言われ、取引先からも「銀行員に、向いてない」なんていわれたら、失踪したくなりますよね。
そんな吉田を焦らせるわけでもなく、自分が納得できるまで企画書を書かせてくれた原島はすばらしい上司です。そして、管理職として支店長を説得する姿もかっこよかったです。こんな上司がいる会社はうらやましいと思いました。
原島は、普段は抜けている感じなのですが、やるときにはやれる人なので、そのギャップが大好きです。副頭取を失脚させる日を待ち望んでいます。今後は支店長とタックを組んでいくのだとろうと思っています。(30代女性)

 

 

このドラマの感想を編集部まで送って下さい!

2019年冬ドラマ
trend5をフォローする
新ドラマまとめ

コメント