人生が楽しくなる幸せの法則/ネタバレ感想と動画案内

 

人生が楽しくなる幸せの法則の基本情報

【放送日】:2019年1月10日~(毎週木曜日23時59分~24時54分)
【キャスト】夏菜/高橋メアリージュン/小林きな子/山﨑ケイ/和田琢磨/佐野ひなこ/忍成修吾/伊藤修子/徳井優/田山涼成

人生が楽しくなる幸せの法則を見た人の感想

第1話のネタバレ感想

原作のタイトルから変わってしまいましたが、内容がとても気になるドラマです。ちょうどいいブスの神様の登場にちょっと笑いました。3人の女性を神様が指南していくようですが、まずはブスと自覚させること必要なのですね。このブスとは、容姿ではなく内面ということなのだと感じました。「ちょうどいいブスを目指すのです」という神様のセリフが直すぎてびっくりです。でも、「生き方がブスなのよ」というその生き方を変えることは大切なのかもしれませんね。神様は容赦なく3人にブスといいますが、みんな認めるわけもなくスタートラインに立つのも難しいですね。ちょうどいいブスというのは、気づかいや生き方のことなのかと感じました。次回から、3人がどのように変わっていくのか楽しみです。(40代女性)
正直、この作者はひねくれた考え方をしているなと思った。確かに、地味で控え目な性格の綾香、美人だけど曲がったことの嫌いな佳恵については悪い性格ではないと思った。今の世の中、イエスマンよりも思ったことをしっかりと言える人の方が求められていると思うからだ。人に言われたことしかできない人は私も必要じゃないと思う。思ったことを内に秘めたまま、本音を語らない人よりは思ったことをしっかりと言える人のほうが私は誠実性を感じる。ブスの神様が、この二人を会心させるためにブスのパスポートを渡し一体どのようなことをしてこの二人をいい人間にしていくのかなというところで今週は終わったので来週どうなるのかなというのが気になるので続けてみていきたいと思います。(20代男性)

第2話のネタバレ感想

まさかまんじゅうがおしるこになるとは!
彩香の発想に思わず、なるほど!と感心しました。
あの状況で、まんじゅうのあんこと、食堂の鏡餅を合わせるなんて、普通は考えつかないと、思いました。
ですが、安堵したのも束の間。
今度はベネット社長が社員食堂が見たいと言い出すので、またまたピンチ!
という。
でも、さすがにこういう事はなくても、オフィスで仕事をしていると、けっこうあるあるネタもあって、ドラマを見ながら「そうだよねぇ」と思ってしまう事もしばしばあります。
でも、あんなに彩香が一生懸命作ったおしるこ、結局、こぼしてしまい、なんだか可哀想でした。
ましてや、スカートのファスナーが開いていたなんて。頑張れ彩香!と、思いました。(40代女性)

第3話のネタバレ感想

第三話ではちょうどいいブスの神様に弟子入りした中川、木原、皆本の他人からの評価を上げる挑戦が始まりました。神様に、自分のことが見えてないと指摘されて人並み以上の努力を求められた3人の奮闘する様子が面白く描かれていて楽しんで見れました。ちょうどいいとは性格面において語られていると思いました。ブスであっても周りを明るくしたり楽しませることができることが、他人からの評価につながり、さらには自分の成長につながるということを神様は伝えたいのだと思いました。自分を高く評価することは悪くないと思うが、他人からの評価も上げてこその自己評価ではないだろうかと感じることができました。(10代男性)
自分がブスって認めたけれど、自分が思う自分の評価点と他人から見た評価点の違いに苦しむ職場での状態が今現在の私にぴったりでした。自分では頑張っているって思っても見ていないと意味がないって思ってしまったりその反面、頑張っても結局損をしていることがあったりでどうそれを自分の中で消化するか、認めるか、ってすごく大きいことだなって見ながら思いました。みんなのために残業して、好きな人からのお誘いも断って頑張ったのに、その彼には他の女性がべったりしているのを見ると、意味あるのかなって思ってしまいます。でもそういうこともすべて飲み込んで受け入れることがちょうどいいブスにとって大事なことっていうのがわかりました。(30代女性)

第4話のネタバレ感想

彩香ついに佐久間君とデート!と思ったらやっぱり鴨志田の邪魔が入りましたね。なおかつ彩香が違う人を好きだと佐久間君に嘘の情報を教えるなんて。本当に頭にきます。まあ彩香の恋が順調にいってしまったら、ドラマにならないからしょうがいないですけど。彩香頑張れ!といつも応援してます。
佳恵はやっと彼氏の別れが告げられましたね。彼氏だったのか微妙ですけど。「たっつんといると私どんどん不細工になる」と言ったとき、やっと自覚したのかとほっとしました。よりを戻さず前に進んでほしいです。
木原は一番成長してましたね。今後コミュニケーションスキルをアップさせて、どんどん成長してほしいです。今後も3人の変わっていく姿を楽しみにしています。

第5話のネタバレ感想

今回いろんな進展があっておもしろくなってきました。何より中川さんが告白したのがすごかったです。断られたけど、うさぎの着ぐるみを着て影で協力したりイメージアップには絶対なってるから、いいなと思われる存在にはなってそうに思います。でも、佐久間さんと一緒にいた女性が元奥さんなのか誰なのか気になります。
鴨志田さんはいろんな男性とデートしてるけど、佐久間さんが本命のように思うのでやっぱり手強い相手になりそうだなと思いました。
水島さんは中川さんから好かれてなかったと知ってちょっと可哀想だったけど、誤解が解けてよかったです。
皆本さんが言ってた「私が消すことに意味がある」というのにすごい共感しました。
これからの恋の発展や、ちょうどいいブスになるのがとても楽しみです。(20代女性)
失恋をしていきなりの合コンは上手くいかないと思います。ただでさえ、合コン慣れしていない彼女たちなので、なおさら上手くいかなくても仕方がないと思いました。
彩香がたまたま放った矢が合コンに刺さってしまったので、ある意味仕方がないのかもしれません。ちょうどいいブスの神様が言うように、果たして合コンというショック療法で効果があったのかは疑問です。
彩香は思わぬ形で佐久間君に告白をしました。しかし、あっさり断られてしまいました。
今は誰とも付き合うつもりがないということでしたが、過去に何かがあったのかもしれません。見た目は爽やかそうで、萌たちも結婚するなら佐久間君のような男性といっていましたが、実は全く違う顔を持っているような気がします。(50代女性)

第6話のネタバレ感想

振られたのにすがすがしい気持ちの彩香、素直に謝る里琴、ちょっと照れながら彩香や里琴に買いすぎたと言って物をあげる佳恵、3人が徐々に明るく、毎日が楽しくなっている姿を見られるのはとても気持ち良いです。
彩香はやっと涼太を同等目線で見られるようになってきて良かったと思います。今までは、あんな風に雲の上の人を見るような目で見ていたら恋愛対象として見るのも見て貰うのも無理じゃないかな、と思いました。しかし高校の時から好きな人と同じ会社で、近くで働けるなんて、かなり確率が低い幸運です。
彩香は、あこがれの涼太と同じ会社に入った、という事だけでも自分を褒めてあげるべきだと思います。涼太は元カノが残っている部分があるのかもしれませんが、少なくとも萌に取られる事がないように頑張って欲しいです。
しかし元カノ役秋元才加さん、カッコ良すぎ…それも女子と結婚、それを告白された時、涼太はかなりショックだっただろうな、とちょっと気の毒になりました。元カノが言う様に涼太にも幸せになって欲しいです。その為にも頑張れ彩香!(50代女性)
今回は個人的には好きなストーリーでした。3人とも前回よりははるかに変わってきていて、特に里琴の気持ちの変化はすごいと思います。そんな里琴を見ているとすごく応援したくなります。森さんに「内密である会社にうちから転職した社員か、または反対に転職してきた社員がいないか調べて欲しい。」と頼まれたときに、いつも通りの対応をしてしまった里琴を見ているとなんだか切なくなってきました。きっと気になるものの、個人情報を調べることは今までの自分の仕事の仕方ではあり得ないことだったと思うので、断ったことに後悔したんだろうなぁと思いました。結局森さんの元へ行って理由を確認すると「言えない。会社にとって重要なことなんだ。だからこそ、木原さんにしか頼めない。」との返事をもらったとき、今までに感じたことのない感情を知ることが出来たんじゃないかな?と思います。今後の森さんと里琴の関係が楽しみです。(40代女性)

第7話のネタバレ感想

ちょうどいいブスを目指す3人がようやく一歩を踏み出し始めたと感じる回でした。
特に中川を中心に話は展開していきましたが、自らプロジェクト参加に立候補し、リサーチのために居酒屋に足を運ぶ積極性はなかなかできないことだと思います。
回りの目を気にせずここまでできるようになれば立派です。
木原に関しては極秘プロジェクトを任され、木原のあまりにも強い正義感を正にアピールポイントに変えました。今回のお題である「弱点を強みに変える」ということを2人は実行し、だから回りから評価され自分の自信にも繋がっているのだと思います。
ただ、皆本に関しては彼氏と別れて以来劇的な変化がなく、どうステップアップしているのか未だ不透明です。今後の彼女に期待です。(30代女性)
ブスな部分を長所に、と言われてもな、と自分に言われてるみたいに考えながら観てました。
私は3人の中では中川さんタイプで。
コミュニケーション下手ですぐテンパるので中川さんに頑張って欲しいと思いました。
でも、急に舞い上がってプロジェクトに立候補した所がうわ、そーいうの全然無理なのにと痛々しくて見たいられませんでした。
確実に、これは、居るだけで使えない人間になってしまうと。
でも途中まで私の読み通りそんな風になってた中川さんが、私にはできない、みんなの前で自分の意見を出してる姿は憧れました。
そこでそうやって自己表現できる勇気がある中川さんは、やっぱりきっとその立場だったらなにも言えないできない私とは違うんだなと落ち込みました。
周りのキラキラ女子を見てても、何をするにも自信があるかないか、で最終的には決まるんだと思いました。(30代女性)

第8話のネタバレ感想

女性だけではなく男性も共感出来る部分もあると思いました。私自身にも当てはまるところもあり、周りが言いにくいこともこのドラマから気づき、学べると感じました。また登場人物一人一人が短所や苦手なことと向かい合い少しづつ克服したり成長していく姿に勇気づけられました。会社の同僚という関係でしたが、少しづつお互いを信頼しあい、相談しあったり協力し合ったりし、よりよい関係になっていき仲間を大切に思うこに気づかされました。短所もコンプレックスも受け入れ、まずは自分自身を好きになることを学びました。自分自身を認めそこから短所にアプローチをかけていくんだな知りました。外見も大切だが、なによりも内面が大切で直してくことが重要だと深く感じました。このドラマは登場人物と同じ場合じゃなくても何かしら当てはまるのでないかと思います。少しでも共感出でき、気づことが出来るのでとてもいいドラマだと思いました。(20代女性)
彩香と佐久間さんの距離がとても短くなってて、見てる方がドキドキしました。森さんも里琴のことが気になって何回もお見合いのことを聞いてて、遂に来た!と思いました。でも里琴は何も恋愛に興味がないみたいなので2人はくっつくのか楽しみです。里琴ももしかしたら森さんのことが気になっているかもしれませんが、自分の気持ちに気づかなさそうだなと思います。
初めはお互い嫌いで喧嘩ばかりだったのに、少し変わるだけでお互いのイメージが良い方向になると恋愛感情になることもあるんだなと感じました。
松澤課長は情報漏洩していると思ってましたが、逆に騙してただなんてさすがです。良い人なので松澤課長が悪くなくて安心しましたが、他に情報漏洩している人がいるということなので誰なのか気になります。
社長がどこにいったのか、会社はどうなるのか次回も見応えがありそうです。(30代女性)

第9話のネタバレ感想

今回のドラマで物凄く教訓になったのは、皆本佳恵がたこ焼きを食べる場面です。ベンチでたこ焼きをやけ食い?していたら隣のお兄さんから「美味しそうに食べるね、いいね、元気貰えた。」と言われ、佳恵が「たこ入っていない!」と残念がっていたらお兄さんが「考えようによってはめちゃラッキー。そんな経験は出来ない。」と。そして、「後で振り返ってみれば人生で起こるほとんどの事は笑えるから、うまくいかなかった事も最後に笑えると思えばいい。」と、この言葉。若いうちはなかなか気がつかないものです。ある程度歳をとって経験積んだ人なら理解できると思いますが。
このような言葉を、自分が困っている時にふっと横から言われると、はっと目覚め、私は何困っているのだ、と困難から脱出する機会を与えてくれます。このような貴重な助言をしてくれる人が身近に多くいる人は幸せだと思いました。自分がそのような人を引き寄せるのだと思いますが。人は皆どこかでつながっているものです。(50代女性)
3人がちょうどいいブスに合格したし、今回は特にほっこりするいい話でした。社長の弟がまさか最初から企んでいたなんて予想外でした。部長もいい人だと思っていたのに、相手側にいってしまったと思っていましたが、印鑑を取り替える為だったとはこれも予想外で、いい人のままで良かったと思いました。
佳恵にも良い人が現れて、その人の考えがすごいなと思いました。私もたこ焼きにタコが入ってなかったらラッキーだなんて思いません。本当に考え方ひとつ変えるだけでポジティブにもなれるし、笑顔が増えると思います。そういう人が側にいてくれるときっと楽しいだろうなと感じました。
彩香も佐久間さんに、おもしろいと言われていたのが可愛いになって、すごくいい方向に向かってると思いました。里琴もあんなストレートに告白され、OKするのか楽しみです。
最終回になりますが3人どうなるのか期待したいです。(20代女性)

第10話(最終回)のネタバレ感想

神様と離れ離れになったら途端にうまくいかなくなってしまうとか、予想はしてたけどのんか悲しいですね。
やはり納得してない別れだと、自信持ってちょうどいいブスとして歩んではいけないのかなと思いました。
ちょうどいいブスの先輩である課長はホントに魅力的に見えちゃってたから不思議です。
あんなに見た目はブスでスタイルも良くない人なのに、なんか幸せそうというか他人に対して気遣いができてるとブスに見えません。
皆本さんがモテてたのも、前はたっつんから捨てられたら終わりみたいな人だったのが一人で平気!となると逆に素敵に見えるようになっちゃうんだろうなと納得しました。
オトコに夢中になるより、何か別のことに夢中になってる姿の方が素敵ですよね。
3人ともちょうどいいブスになったので、これからもうまくいって、たまにまたうまくいかない時に神様が出てきて喝を入れてもらえたらいいなと思います。(30代女性)
最終回では無事に3人の女性がそれぞれ自分らしい生き方を見つけたように思いました。しかし、5年後の彼女たちの姿はまた元に戻っていました。
懲りない3人といった感じがしますが、こういうできの悪い生徒こそ、ちょうどいいブスの神さまも、彼女たちのことが可愛くて仕方がないのかもしれないと思いました。
佳恵はモテモテだったのに、彼女だけ結婚せずに、ホストクラブ通いをしているようでした。最初の頃の佳恵とは違った意味で、ぶすになってしまっているような気がしました。
松澤課長もちょうどいいブスの神様に出会っていたようですが、神様だからなのか、神様は全く歳を取らずに変わっていませんでした。おそらくコロンブス君もそうなのでしょう。
毎回、楽しくて面白いドラマだったので、また続編をやってほしいと思います。(50代女性)

コメント