家売るオンナの逆襲/ネタバレ感想と動画案内

家売るオンナの逆襲の基本情報

【放送日】:2019年1月9日~(毎週水曜日22時~23時)
【キャスト】北川景子/工藤阿須加/千葉雄大/イモトアヤコ/鈴木裕樹/本多力/臼田あさ美/梶原善/仲村トオル

家売るオンナの逆襲を見た人の感想

第1話のネタバレ感想

前作より話がパワーアップしていて楽しかったです。でている方も前作と変わらないですし、一人一人のキャラがたっていますし、北川景子さんのファンなので楽しみにしていました。ゴー!聞けまして。ユーチューバーに家を売ったりと今の流行りも取り入れられていて、おもしろいなと思いました。松田翔太さんの役もちがう人のお酒を飲んでしまったりと、意外に天然なのかわざとなのかまだまだ謎な役なので気になります。サンチーとの関係性も徐々にわかってくるのかな?と思います。個人的には岡江さん役の洗濯物のくだりが笑えました。凄いなぁと。1話完結なので観やすいですし、来週も楽しみにしています。(20代女性)
「西郷どん」で篤姫を演じていて神々しい雰囲気を放っていたりと、最近活躍が著しい北川景子さんが主演を演じるというので、前作は見ていませんでしたが、気になり、見ることにしました。
前作を見てないので、登場人物のキャラなどの先入観なく第一話を見た感想は、はっきり言って、この作品はドラマではなくコントだなと思いました。
そして、何でもやって良いから、家さえ売れば成功的な感じが面白いと思いました。
なんといってもスゴイのは、北川景子さん演じる主人公のキャラです、今までの北川さんのイメージが見事に崩壊しました。
あの感じは役に入り込んでいるというよりは、何かが憑依していると思い、凄いと思いました。。(30代男性)
久しぶりに登場の三軒家チーフでしたが、前回同様に爽快感のある破天荒な営業をしていて非常に楽しむことができました。
三軒家チーフがユーチューバーに家を売るために、シラスミカにゲテモノを食べているところを動画にアップロードさせている姿は「イモト本人じゃん」ってツッコミ入れたくなりましたw
今回初登場のライバルである松田翔太もまるでホストみたいなイケメンキャラでお客の心を奪って家を売るところが仏頂面な三軒家チーフと全く別のキャラクターなので、次回以降もお客へどのようなアプローチをお互いにしていくのかが非常に楽しみです。
難しいことを考えずに楽しむことができるドラマです。(40代男性)

第2話のネタバレ感想

今までずっと見ていたつもりなので、多分、今回はじめて出てきたと思うのですが、三軒家万智さんの料理がいつもフルコースというのが衝撃でした。しかも、作り置きでさえフルコース化されているという徹底ぶり。これだけ見ると震えますが、ベチャッとした焼きそばが食べたいというダンナさんの言葉を受けて、それを習いに行くと言う万智さんがかわいくもあり。きっとすごく真面目なんだなと思うのですが。破天荒なヒロインですが、そんなかわいさや真面目さが垣間見えるのも魅力的だなと思います。今後も万智さんの魅力を堪能したいです。
しかし、今回、鼻血多すぎ。ちょっと笑ってしまった。鼻血の原因の1人、松田翔太さんの正体も気になります。(50代女性)
三軒屋と屋代課長の謎めいた結婚生活が少しずつ明らかになっていくのがおもしろいです。第二話でスーパーで口論になり三軒屋が「たまにはフルコースじゃなくて、べちゃべちゃの焼きそばが食べたい」という屋代課長に対して「至らない妻で申し訳ありません」と明らかに不機嫌に謝るシーンに笑ってしまいました。ドラマ終盤で、べちゃべちゃの焼きそばを作ろうと焼きそばを睨め付ける三軒屋も愛らしくて微笑ましかったです。
また留守堂が三軒家と屋代課長が夫婦であることを知っていたり、三軒屋が過去にホームレスだったことを知っていたことに驚きました。留守堂は一体何が目的で、三軒屋とどういう関係なのか、今後の展開が楽しみです。(30代女性)
今回は、三軒家万智と矢代課長の結婚生活がちょっと見えました。サンチーがお料理をするとは思っていなかったので意外でしたね。それも、家庭料理のレベルとは違いすぎるようです。美味しいけど矢代課長はもっと普通のご飯がいいなんてちょっと贅沢ですね。でも、毎日お店みたいなご飯は、男の人は安らげないのでしょうか?仕事も料理もパーフェクトなんて驚きです。鼻歌を歌うサンチーも新鮮でしたね。家を売る為なら、鼻歌も歌うし貯金でネットカフェも買ってしまうというサンチー。ネットカフェを買うのは、やり過ぎではないかと思いましたが、貯金を600万円のプラスにするというのが素晴らしいです。こんな奥様を持つ矢代課長は、老後も安泰ですね。(40代女性)

第3話のネタバレ感想

今回のテーマは、赤の他人に、自分達(私達)のことなんて分からないでしょ!に対して三軒家さんが、はい、分かりません!と
堂々と言っていたことが一番の見どころだと思います!
自分のことなんて分からない夫婦や家族であってもお互いに分かり合おうとしていても、分からない。
でも分からないけど家族として一緒に暮らす必要がある。
無理やり女装癖を隠して父親としていかなくてはならないと思い悩んでいた剛志さんも、今は性別も自由に選択できる世の中になっています。剛志さんの望む生活が出来るようになっているのだから、家族で広い家に住んでもらいたい。そんな三軒家さん、
家売るオンナの熱い気持ちが伝わる内容でした!(30代女性)
今回は、LGBTがテーマでした。なんか今の時代らしい話ですね。サンチーは、LGBTの人にも偏見もなく、逆に理解のある感じでした。庭野の担当客が、実は旦那様がトランスジェンダーということにサンチーはいつ気づいたのか不思議でした。1人で、お客様の調査などしているのでしょうか。まだまだ、サンチーの隠された仕事が気になります。今回家を売るために、庭野達に女装させていましたがみんなキレイだったことに驚きです。仕事ばかりで、相手にされていない感じの矢代課長がかわいそうに見えました。理解はあっても、寂しい気持ちはあるのでしょうね。留守堂のことも気になるようだし、矢代課長も大変です。留守堂はまだ謎なところが多い人なので、サンチーとの接点が気になります。(40代女性)

第4話のネタバレ感想

北川景子さんの主演ドラマを見たことがありませんでしたので、今回見てみました。
北川さんは仕事のできる役ということで、ドライなしゃべり方をしているのだとは思うのですが、ちょっとだけ愛きょうも欲しいなと思いました。綺麗な方が冷静な演技を強調したときに、きつい感じになり過ぎてしまうパターンなのかもしれません。
反対に、仲村トオルさんは温かみが感じられて良かったです。中間管理職として、残業時間カットと営業成績を上げろという上からの方針に悩んでいる姿は、共感できるものでした。また、飲み屋でみせる表情もとてもかわいい感じがして良かったです。仲村トオルさんの魅力を再発見できたのが、今回の一番の収穫だったと思います。(40代女性)
毎回昨今の世相を取り入れているところがこのドラマの一つの面白さだと思いますが、今回は働き方改革でした。若い社員が、もっと働いて家を売ることが自分は楽しいのに帰らされるのは変、と言った言葉に、なるほどと共感できました。そうした問題もはらんだ改革であると風刺がきいていましたね。
万智がまさか、父親のほうに物件を紹介するとは思いませんでしたが、あの向上心のないお気楽娘夫婦に、大金を使うことがなくてよかったと思います。
いつもそうですが、家を勧めるだけでなく、万智は、生き方、考え方も勧めているように見えます。そんな不動産屋、実際にはいないと思いますが、万智の言葉には非常にうなずかされました。
とはいえ、娘夫婦は謎の男、留守堂に持って行かれてしまいます。これまで、万智が初めて負けたわけですが、今後留守堂と戦っていくことになるのでしょうか。2人の今後の対決も楽しみになって来ました。(50代女性)

第5話のネタバレ感想

美しくないなどのコンプレックスを乗り越えて生きているテーマが興味深かったです。
お化粧で美人になっていた女性が、シャワーの水でお化粧が落ちたあと、頭にスカーフをかぶり顔全体を手で覆っていたシーンが最高でした。意外性もあったし絵として面白かったので、ちょっと笑ってしまいました。
それと工藤阿加さんは、本当の若い営業マンに見えるので感心してしまいました。仲村トオルさんと一緒に尾行しているときは、良いコンビだと思いました。これからもこのコンビで活躍するシーンをたくさん見たいです。
仲村トオルさんが、松田翔太さんが好意を持っている北川景子さんとの会話を、教室の戸の陰からこっそり見ているシーンも、仲村さんがいちいち表情が変わるので、とっても楽しんで見ることができました。(40代女性)
ギャップ萌えで家を売るとは!さすが三軒家だと思いました。人は外見だけではなく内面が大事!とわかっていても実際は難しいですよね。
留守堂がまさか整形していたとは、驚きの展開でした。同級生というのはなんとなく想像がついていましたが。三軒家のことはやっぱり昔から好きだったのですね。三軒家に好きになってもらいたくて、整形して近づいてきたのだと想像しています。次回は留守堂と三軒家がもっと一緒のシーンが増えると思うので、今後の展開が楽しみです。留守堂の真の目的が何なのか?千葉の恋の行方は?課長と三軒家の関係は大丈夫なのか?色々と気になります。早く次回のドラマが見たいです。(30代女性)

第6話のネタバレ感想

今回は、W不倫の夫婦2組に家を売るという話でした。私は北川景子が好きなので見ているのですが、話の内容は毎回チープですね。あまりに漫画的すぎるというか。見ていて恥ずかしくなる時があるんですが、こういったある種の勧善懲悪?水戸黄門的なのは、必要枠がいつの時代にも日本人は求めるので、そういった意味では、しっかりマーケティングされているなと、俯瞰的に見ています。今回もW不倫夫婦が同じマンションに住んで一件落着!みたいなオチでしたが、普通にあり得ない展開ですね。ただこれくらいのお笑いも日本人好みなのでしょう。私的には、家売る女の北川景子VSミスデビルの菜々緒がなんかの形で壮絶バトルしたら、相当面白いと思います。ジェイソンvsフレディ、ゴジラVSキングギドラ、貞子VS.伽倻子みたいな感じです。是非実現を期待したいです。と、まぁ、このドラマもキレのある発想を少し取り入れてほしいなと思うのでした。(40代男性)
三軒家万智は家を売るためには何でもやりますが、それでも毎回色々なシチュエーションに対応してアドバイスする、偏見のない柔軟な考えには感服します。
今回のダブル不倫作戦はちょっと上手く行き過ぎだと思いましたが、常識に捕らわれない万智の考えには共感しました。不倫でも、確かに傷ついている人が居る訳でなく、皆が幸せであれば周りがとやかく言う必要はない、と私も思いました。
このドラマでは、世間一般ではマイノリティな人達を登場させ、それを万智が肯定してくれるのがとても良いと思います。見ている人の中には、これは現実ではなくドラマだけの話、と笑う人も居ると思いますが、人気ドラマでマイノリティの人達を取り上げる事は、世間の人達に知ってもらう為にもとても良いと思います。今は色々な生き方、考えの人が居るので、それに周りも柔軟に対応が出来る様になって欲しいと思います。
しかし留守堂が昔どんな風だったのか見てみたいです。彼の考え方、生き方もある意味スゴイ、と思います。そして課長と万智が結婚しているのは今も不思議です。(50代女性)

 

このドラマの感想を編集部まで送って下さい!

2019年冬ドラマ
trend5をフォローする
新ドラマまとめ

コメント