世界一難しい恋-ネタバレと感想

世界一難しい恋の基本情報

【放送日】:2016年4月13日~6月15日(毎週水曜日22時~23時)
【キャスト】大野智/波瑠/小池栄子/小瀧望/清水富美加/西堀亮/若林誠/札内幸太/杉本哲太/丸山智己/三宅弘城/北村一輝

世界一難しい恋を見た人の感想

ネタバレなしの感想

最高のラブコメディーでした。
嵐の大野くんが、物凄く冷血・冷酷なセレブ社長ながら、部下に恋をして、でも恋愛経験が皆無だから、女性の扱いに慣れてなくて、もうダメダメで。それがもう凄く微笑ましくて、応援したくなって、また、面白くて、病みつきになって見ていました。
大野くんはシリアスな役も、こういうコミカルな役も、上手いなぁ〜!と思いました。相手役の波瑠さんも難攻不落で、なおかつ鈍感な女子の役がとてもグッド・キャスティングだったと思います。こういうちょっとクールで冷たい突き放したような感じのイメージなので。
あと、ジャニーズWESTの小瀧望くんが、このドラマで凄く光っていて、役者としての頭角を表した作品だったと思います。(40代女性)
恋に不器用な主人公の零治は、とても表情豊かで、色んな感情が隠しきれていないところが可愛らしいと思いました。恋する美咲への告白が上手くいったときの顔や、誤って怒らせてしまったときの情けない顔が印象的です。零治と秘書の村沖の軽快なやり取りもクスッと笑えて飽きずに楽しく見れました。自分の考えが正しいと思っていた零治が美咲の気持ちを理解することは難しく、 悩みながら成長している姿を見ていると応援せずにはいられなくなってしまいます。最終話のキスシーンも不器用さは残っていましたが、景色も含め爽やかで綺麗でした。大人の恋愛だけど重くなく、むしろ可愛い初々しさを感じるラブコメディーでした。(20代女性)

一部ネタバレありの感想

心情の描写がとても上手いなと感じました。あまり恋愛ドラマは得意ではなく敬遠していたのですが、大野智さんも波瑠さんもとても好きなので視聴することに。全く前進しない恋模様に毎週やきもきさせられていました。恋愛ドラマは基本的にあまり気分の良くない展開が起きるイメージだったのですが、世界一難しい恋は視聴者側が不快になるような展開はなかったと感じました。社長(大野智さん)の心が揺れ動く描写や、秘書(小池栄子さん)の力強さにとても感動したのを覚えています。終わった後も何度も見返したくなるようなそんなドラマでした。悪かった点といえば(尺の関係もあると思いますが)後半になるにつれ駆け足で過ぎていくので、時々付いて行きにくい展開があったことくらいだと思います。(20代女性)
超不器用な大ホテルチェーンの社長、鮫島零治がすごく可愛いかったです。
大成功して、地位もお金も何でも持っているのに女性に対してはどう接してよいか分からない社長さん。実際にこんな人が居たら珍しいと思いますが、カッコいいし、仕事もできるのに女性に不器用な男性ってかなり魅力的だと思います。
鮫島の最初はちょっと最悪な人だと思いましたが、好きな人が出来てあれだけ変われる純粋な人だったのは本当に良かったです。
大野さんと言えば、怪物君とか、死神くんとか、ちょっと変わった役のイメージが強く、あまり恋愛ものには出てこない人なのでそれもとても新鮮で良かったです。
しかしあの鮫島社長が実はダンスや歌が飛びぬけて上手い、とか少しドラマに出してみて社員がビックリするシーンとかあったら面白かったんじゃないかな、とも思いましたが。
秘書の舞子さんがいつもズバッと鮫島にいう助言も楽しかったです。
あんな出来た秘書が居て、恐らく鮫島の周りには良い人が沢山いたから社長として成功したんだろうな、と思います。舞子さんと鮫島がくっついても良かったんじゃないかとも思いました。
段々と皆に好かれる良い社長になっていく鮫島を見ているのが本当に楽しいドラマでした。(50代女性)

 

コメント