奪い愛、冬/ネタバレ感想と動画案内

奪い愛、冬の基本情報

【放送日】2017年1月20日~3月3日(毎週金曜日23時15分~24時15分)
【キャスト】倉科カナ/三浦翔平/大谷亮平/水野美紀/秋元才加/三宅弘城/西銘駿/ミスターちん/キムラ緑子/榊原郁恵/ダレノガレ明美/小須田康人/西村和彦

奪い愛、冬を見た人の感想

ネタバレなしの感想

 

一部ネタバレありの感想

深夜枠のドラマは面白いことが多く、とりあえず1話見てみたらはまりました。ドロドロした恋愛模様なのですが、毎回見ていておもしろかったです。康太からプロポーズされて嬉しかったはずなのに、元彼の信との再会で昔の気持ちが戻るところなんて、いかにも大恋愛って感じで良かったです。信の妻の水野美紀の演技は怖すぎるくらいリアルでした。信を引き留めるために、足が不自由になったのは、信のせいと思いこませて、看病させるあたりは策士です。
嫉妬に狂うシーンは鳥肌もので怖すぎました。康太も優しい彼氏って印象だったのに信に奪われそうになった途端、目つきが変わって、嫉妬にかられた男性の心が上手く演技されていました。(20代女性)
このドラマはとてもスリリングでいつもハラハラして見ていました。既婚者になってしまった元彼の信のことを光が想う純粋さと強さが凄く感じられます。水野美紀さんが演じる蘭は強烈なキャラでしたがあんなに凄い演技が出来るなんてびっくりしました。蘭は信を手放したくないから嘘をついてまで結婚をして結婚生活をしていますが途中からは信と光の相思相愛の本当の愛に気付いて自分は奥さんだけどなかなか本当の愛や信の心を手にいれることが出来ないとゆう悔しさでかなり嫉妬と憎悪があったのだと思います。だからこそ普通では考えられないような暴れっぷりが出たのかも知れません。やはり、人間は心で繋がれないと満足できない生き物だなとはっきり分からせてくれる奥の深いドラマでした。(30代女性)
昔よくあった独特の雰囲気のあるドラマでした。ドロドロとしていながらちょっとツッコみどころ満載って感じで、とにかくおもしろかったです。毎回あり得ないところから現れる主人公の恋敵(と、言っても元カレの本妻ですが)の恐怖感とそこまでやる?って精神的な仕打ちがすごさが見どころです。主人公である彼女との結婚が決まっている今彼のけなげなほどのプロポーズ作戦と元カレとの再会で心が揺れる主人公とのやりとりも最初はせつなくてハラハラするのですが、今彼が嫉妬に狂ってだんだんと狂気じみてくるのもさらに主要人物たちの関係をドロドロにしていきます。始終元カレの本妻にやられっぱなしの主人公も元カレとの絆を深め、その愛を勝ち取るのですが最後にどんでん返しがあり、さらにさらに最後の最後で元カレの本妻に放った言葉が印象的でした。とにかく毎回目が離せなくなるほど面白いドラマでした。(40代女性)
登場人物みんなおかしい。自分の子どもや夫を溺愛したり、婚約者を捨てて妻がいる既婚者を奪おうとしたり、異常な人ばかり。それぞれの思いがそれぞれに絡まって、ドロドロな展開でした。現実離れしすぎて笑えてしまうほど。一番の見所は、豹変していく登場人物たちの姿だったと思います。特に水野美紀さんの怪演は素晴らしく、夫の不貞を暴こうとクローゼットに籠城した蘭の「ここにいるよ〜」には鳥肌が立ちました。そこまで信さんの魅力は伝わってきませんでしたが。また、今までイケメンでモテる役が多いイメージのあった三浦翔平くんの新たな一面を堪能することができたのも良かったです。演技の振り幅を感じられました。(30代女性)

 

コメント