僕たちがやりました/ネタバレ感想と動画案内

僕たちがやりましたの基本情報

【放送日】:2017年7月18日~9月19日(毎週火曜日21時~21時54分)
【キャスト】 窪田正孝/永野芽郁/新田真剣佑/間宮祥太朗/葉山奨之/今野浩喜/川栄李奈/八木莉可子/岡崎紗絵/今田美桜/板尾創路/榊原郁恵/水川あさみ/三浦翔平/古田新太

僕たちがやりましたを見た人の感想

ネタバレなしの感想

一部ネタバレありの感想

窪田正孝さんが大人の色気がダダ漏れで、高校生に見えない事件が発生しましたが、学校の屋上で、一人熱弁する姿が印象的です。最初の動物の被り物が可愛いかったです。自分がしたことは小さなことかもしれないけれど、結果的には大きな出来事になってしまうことがあるということを気づかされました。葉山奨之さんのクズさが、どんどん癖になってきてしまって、髪の毛も特徴的なので、愛着が湧きました。川栄さんのこの子モテるだろうな感が似合っていて、窪田さんとの絡みが何回見てもキュンキュンします。真剣佑さんの近づけない感が怖くて、でも、窪田さんと仲良くなることができてよかったなと思いました。高校生の青春っぽさが満載でした。(20代女性)
原作を読んでいたがそれに沿ってシリアスな部分とコミカルな部分を楽しんで観ることができました。
普通の男子高校生が学校を誤って爆破してしまうという突拍子も無い出来事が題材ですが、登場人物の心情の表現や立ち振る舞いがよりリアルで一話ごとに最後まで目が離せない展開でした。そのような意味から単純にストーリーが好きです。
個人的には小坂先輩のキャラクターがツボにはまりそのハイテンションなキャラクターと意味のわからない明るさが面白かったです。
また物語の終盤になるにつれて登場人物の気持ちがどんどん追い込まれていくのが感情移入してみることができてまた観たいドラマのひとつになりました。(30代男性)
コミックで少しだけ読んでいたので多少内容を知った上で視聴しました。自分達が幼い考えでしでかしたことが、どんどん大きくなってしまう。でもどうしていいのか逃げてみたり、僕達がやりましたと償おうと決めるまでが少しドストエフスキーの「罪と罰」を思い出させます。よく知らない第三者が死んでいるうちの「死」ってあまり実感がないのは、若い世代だからこそなのでしょうか。事件がきっかけで知り合い友人になることができた相手が、自分のせいで死んでしまったことでようやく「罪」を意識することができたというのが印象的です。トビオは服役したものの、それでも罪の意識が消えずずっと苦しむ、さらに好きだった人は結婚していたというエンディングが少し救いがないけれど仕方ないのかなと思いました。(30代女性)
高校生の青春を描いた作品で、ただただ楽しいドラマだと思ってみていました。仲間や恋愛をその時に精一杯考えて高校生らしい生活の内容でした。しかし、回が進むにつれ、どんどん自分達の軽はずみな行動が思いがけないほど大きな事件となり、周りの家族や友人、恋人を悲しませていきました。友達のためと思って、正義感のつもりで行ったことが災いをおこし、今後の人生に大きく影響していく羽目になっていきます。未成年という立場では守られており、それほど痛手をおっていませんでしたが、最終回の数年後は同級生との生活に大きく差がついており、自分のやってしまった過去が何年経っても取り返しのつかない事だと思い知らされてしまった悲しい内容のドラマでした。(30代女性)

コメント