小さな巨人/ネタバレ感想と動画案内

小さな巨人の基本情報

【放送日】:2017年4月16日~6月18日(毎週日曜日21時~21時54分)
【キャスト】長谷川博己/岡田将生/芳根京子/安田顕/春風亭昇太/香川照之
【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

小さな巨人を見た人の感想

ネタバレなしの感想

なんといっても小野田捜査一課長のキャラクターがユニーク過ぎていいと思います。歴代の捜査一課長がみんなあのキャラクターだと面白いなと思ってしまいました。
その捜査一課長と対峙するのが元捜査一課係長の香坂です。この2人のシーンは、どちらも応援したくなりました。
立場は上下関係ですが、正義と悪という図式ではなく、方法と立場が違うだけで、正義対正義という関係に思えていました。
どちらも一本の線が通っていて、だからといって頑固ということでもなく、負けると応援したくなるキャラクターでした。
しかし、それぞれの立場があり、組織というしがらみの中では、同じ方向性であっても通用する方法としない方法があるというメッセージが込められているドラマだと思いました。(30代男性)

一部ネタバレありの感想

長谷川博己さんと香川照之さんの真正面からぶつかり合う演技が観られてとても引き込まれる作品でした。警察内部のキャリアとノンキャリア、警視庁と所轄といった格差社会がこれでもかというほど細部に盛り込まれていて臨場感がありました。後半の早明学園で、元捜査一課長でこの学校に天下りした富永という役の梅沢さんと理事長役の和田アキ子さんのものすごく嫌味な悪役が上手でイメージにぴったり合っていました。刑事もので捜査一課が中心となる作品は数多くありますが、最終的に捜査二課というあまりスポットの当たらない部署のあり方や、そこに所属していた刑事という役柄も出てきて複雑でしたが緻密で面白かったです。(20代女性)
この日曜劇場には、多彩な出演者に驚かされました。春風亭昇太さんや桂文枝さんでは飽き足らず、和田アキ子さんや梅沢冨美男さんまで出てましたからね。お二方のワル役、中々嵌っていました。吉田羊さんや佐々木希さんが主要な役ではなく勿体ない使い方だったのも印象的でした。
結果的には勧善懲悪なのですが、そこまでの過程で遭遇する左遷等の障害の厳しさは「半沢直樹」にも通じると感じたのですが、出演者に香川照之さんが居るのもその感を強くさせていました。
主演に長谷川博已を起用したのは「シンゴジラ」がヒットしたからでしょうか。私は「MOZU」でのクレージーな東役を好演した頃から注目していたので、長谷川さんの日増しに認知度が上がって行くのが嬉しかったです。バリっと三つ揃えのスーツ姿がカッコ良かったです。(60代男性)

小さな巨人の感想を送ろう!

コメント