この世界の片隅に-みんなの感想

この世界の片隅にの基本情報

【放送日】:2018年7月15日~9月16日(毎週日曜日21時~21時54分)
【キャスト】松本穂香/松坂桃李/村上虹郎/伊藤沙莉/土村芳/ドロンズ石本/久保田紗友/二階堂ふみ/尾野真千子/木野花/仙道敦子/伊藤蘭/ 榮倉奈々

この世界の片隅にを見た人の感想

ネタバレなしの感想

一部ネタバレありの感想

姉は夫の元想い人の登場だの、姪っ子の爆破による死など、いろいろ家族間のいざこざらしきものはあったけれど、義理の両親や姉達が基本的には皆良い人であり、夫も自分なりに妻を大切にして愛してくれたことにより絆が生まれたので幸せそうですが、その妹は年老いた祖母と暮らし、病ありで結婚も無理そうでほぼ寝たきりなので、姉妹でこうも違って可哀そうだと感じます。様々な事情はあれど、遊郭のような場所では働きたくないと感じると同時に、戦争は嫌だなあと感じます。私はドラマの舞台となった広島県呉市に産まれて今も住んでいるので、戦争から数十年経過した呉市を見ていると、よくここまで持ち直したと考えさせられます。(30代女性)
初めはすごく地味なドラマだと思って期待せずに見ていました。時代も戦争時代でどちらかと言えば私の嫌いなジャンルでした。数回みてやめようと思っていましたが地味でも深みがあって朝ドラの様な感覚で見るうちにはまりました。弱弱しい松本穂香が腕を無くしても強く生きている姿や松坂桃李のすずを思う姿が良かったです。でも尾野真千子の子供が終戦直前で死ぬことになったのは可哀そうだと思いました。長男もその時代の子は小さくても立派で別れる時に泣いているのが印象的でした。近所の友達も良いキャラクターで戦争中の話でも和めました。松本穂香さんの魅力が今までで一番出ていたドラマだと思いました。(30代女性)
戦前戦後の話ってもうおじいちゃん、おばあちゃんに聞けないという人もいると思います。特に広島の「ぴかどん」といえば日本人は誰でも知っている歴史です。実際に見聞きしたわけではないですが、映像化されたことで誇張なく近い現実があったんだろうなと痛感させられました。空襲の中、側溝に隠れるシーンはかなりドキドキしました。可愛い姪っこちゃんとすずさんの片腕が吹き飛んでしまったことや、その後戦争が終わったというラジオ放送に吼えるシーンが何とも言えない辛さがありました。ただ暗いだけではなく、そんな時代でも幸せなことや楽しいこともあるんだよというのが、すずさんという女性の存在でよく分かります。希望を見出して必死に生きてきた人たちが今の日本を作ったのだなと、感慨深い気持ちになりました。(30代女性)
松本穂香さんはひよっこに出ていた時から応援している女優さんだったので、見てみたくなって1話から全て視聴しました。戦時中の話ということは知っていたけど、現代と過去(戦時中)がリンクしながら少しずつ進んでいく構成がとても良かったです。
戦時中の話をただドラマにしているだけではなかったので、過去と現在の繋がりを深く感じることができました。
現代、過去の両方のキャストの豪華さも良かったです。
そして戦時中はというと、すずという一人の女の子のリアルな感情が、とても繊細に描かれていたと思います。
地元で憧れの人(初恋?)がいて、その人と別れて見知らぬ土地で結婚をして…。
義家族の溝を感じながらも、すずの一生懸命で素直なところにみんなが惹かれ、とても素敵な家族になったと思います。
戦争の悲しい出来事のそばには、すずのような思春期の女の子がいたこと…色々と考えさせられました。本当に素敵なドラマでした。(30代女性)

この世界の片隅にの感想を送ろう!

コメント