チア☆ダン/ネタバレ感想と動画案内

チア☆ダンの基本情報

【放送日】:2018年7月13日~9月14日(毎週曜日21時~21時54分)
【キャスト】土屋太鳳/石井杏奈/佐久間由衣/山本舞香/朝比奈彩/大友花恋/箭内夢菜/志田彩良/オダギリジョー

チア☆ダンを見た人の感想

ネタバレなしの感想

私はこの作品をとても気に入っていました。毎週楽しみにしていて、これを見るために頑張っていると言ってもいいほどでした。タイトルにもあるように、チアダンスをやる作品なのですが、若手女優がたくさん出ており、青春感たっぷりの作品でした。見ていて気分が良かったですし、自分にもこういう時代があったのだなと懐かしくもなりました。感動した場面も多数あり、涙を流したこともありました。この作品で初めて知る女優さんもたくさんおり、今後がとても楽しみになりました。特に佐久間由衣さんと箭内夢菜さん、大友花恋さんに注目していきたいです。この作品を見る前から知っていた土屋太鳳さんにも注目しています。ここ数年に放送されたドラマの中では一番好きな作品なので、今後も忘れることはないと思います。(20代男性)
個人的に、Eガールズの石井杏奈さんのダンスにかなり注目して見ていました。土屋太鳳さんも体育大出身で、ダンス経験があり、かなり見応えがあったのですが、石井杏奈さんが何とも可愛くて、何とも魅力的で、同性から見ても、惹きつけられました。
あと、少しの登場でしたが、広瀬すずさんのオーラが半端なかったです。それまで、若い、可愛いというイメージしか無かったのですが、ほんの少しの出演なのにも関わらず、物凄いカリスマ性と存在感を感じました。
私の息子よりの下の年代の人達のドラマでしたが、青春って良いなぁ・・・。若いって素晴らしいな・・・と感慨深く見た作品です。映画版を見たことがなく、このドラマを見て映画版も見てみたいと思いました。(40代女性)
映画チアダンのテレビ版として制作されたと聞いていたので、実際の話とは違って9年後の別の学校のフィクション、という設定はちょっと残念に思いました。
でもドラマを見始めると、チアダンスをやりたい情熱が伝わってきて、毎回楽しみに見るようになりました。チアダンスは良く知りませんでしたが、みんなで揃ったダンスをしなければならないし、機敏に動かなければならないので、きっと俳優さん達みんなダンスの練習がすごく大変だったんじゃないかな、と感心して見ていました。
可愛かったのは木下さん演じる教頭です。娘がチアダンス部に入ったからでしょうけど、最初は反対しながらも、段々と応援派になっていく不器用な感じの父親の演技がとても良かったと思います。
それにしてもわかばがお姉さんにコンプレックス?お姉さんも綺麗ですが、わかばも負けない位というか、お姉さんより綺麗と思った人、結構多かったと思います。
それにチアダンス部のみんなも可愛い子揃いで、アメリカと同じく、やっぱりチアダンス部は容姿がかなり重要ですね。
このドラマも面白かったですが、実話に沿ったテレビ版ドラマ、是非作って欲しいです。(50代女性)

一部ネタバレありの感想

ダンスが好きな小学生3年生と5歳の娘が頑張ることや仲間の大事さなどを学んでくれたらいいなと思い見始めました。思惑どおり娘たちはすごくハマって毎週楽しみにするほど。生徒役の子たちはあまり知らない役者さんが多かったですが、一生懸命な姿を見ていくうちにどんどんファンになり応援していました。主題歌をはじめ、ダンスで使われる曲は親世代が知っているアーティストの曲なのも良かったです。昔みたウォーターボイズやスウィングガールズのような、あまりさえない人や部が仲間が増えて上手になっていく青春学園ドラマが大好きで、チアダンも期待して見ていましたが最終回はなんかしりつぼみな感じがしました。連ドラ中に映画版をDVDで見たあとだったさらか、どうしてもクオリティが低いように思えました。それでも毎回感動してボロボロ泣いてしまったし娘たちも面白かった!と言っていたので見てよかったと思えるドラマでした。(30代女性)
途中で出てきた、数年先輩の広瀬すずが年齢的に違和感がかなりありましたが、それ以外は楽しく見れました。土屋太鳳さん含め、出演者の皆さんが本当に踊っておられて、しっかりそろっていたのが良かったです。かなり練習されたんだろうなと思いました。
青春モノのドラマなので、筋書きは予想できるものもありましたが、それでも楽しく見ることができました。昔、部活に夢中になったことを思い出したり、子ども達にも夢中になれる何かを見つけてほしいなと思ったり、色んなことを思いながら自分目線もあり、親目線もあり、で見ることができました。頑張ったからといってすべてが叶うわけではないですが、頑張った経験は豊かなものになることを改めて考えました。(40代女性)

チア☆ダンの感想を送ろう!

コメント